考えもせずに突然遭遇するのが事故です。78-11-111

ここでどうやって対応した結果が原因となり、自動車の保険金の受け取りも大きく差が出る時もありますので正しい決断力と対策が不可欠です。78-2-111

考えもしない出来事でパニックになってしまったならば必要不可欠な状況を見落してしまい、後々自らが大損を受ける状況も想像できるので自動車事故を起こしてしまった場面では落ち着いて以下の対応をしましょう。78-1-111

車の事故を起こしてしまった状況で最も初めにするべきは怪我をした方の状況の確認です。78-6-111

事故の後すぐは動揺してショック状態になってしまう場面があり短期間で動けないのが普通です。78-9-111

その状況では、負傷した人がいた場合には危険じゃない場所へ移動して応急処置を行い、周囲に助けを求めるようにして要救助者第一に努める必要があります。78-19-111

救急車に連絡する場面では正確な事故があった場所を知らせて良く分からない状況では周りの有名な学校や番地名を伝えて事故の住所が判断できるようにします。78-3-111

その後に警察に連絡して、車の事故を起こしてしまった事また簡単な状況を告げます。78-8-111

救急車とパトカーの到着を待っている間に事故相手の事を調べます。78-14-111

名前、住所、免許証番号、車のナンバー事故の相手の方の保険会社という自分だけでなく相手の情報を伝えます。78-5-111

この時に相手に非がある状況では、事故現場で処理することが考えられますがすぐに結論を出すのではなくどういう場面であっても110番や保険屋さんに報告して公平に判断してもらいます。

それぞれの身元を伝えたら他者の妨げになることをやめるために妨げになる物道路の上から取り去ります。

もし邪魔な物が他者の邪魔になっている時は自分と相手の情報を交換するより早くこの対応を行うことは問題は起こりません。

次に自らの掛金を支払っている自動車保険の会社に電話をして車の事故があった旨を連絡します。

自動車事故から特定の時間の時に自動車の保険会社に連絡しておかないと保険の適用外となる場合も想定されますので気がついたらすぐに行うことが大切です。

可能であれば跡として、手持ちのカメラやスマホなどで事故現場や乗用車の壊れた箇所を見ることができる写真を写します。

その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決める時にかなり大きなデータとできるので、自らの自動車や相手の乗用車の破損状態を正しく証拠として残しておくことが大切です。

第三者がいるのであれば警官の方が保険屋さんの人が着くまで事故現場にそのまま待機してもらえるように頼むのも忘れないようにしてください。