LINK

GB400TTというオートバイをご存じでしょうか。

1980年代にホンダから発売された、単気筒の400CCエンジンを積んだ英国風カフェレーサータイプのオートバイです。

GBは、GreatBritainの意味で、そのままイギリスを感じさせるコードネーム。

ホンダでGBというとGB250のいわゆるクラブマンが有名で良く目にしますが、いわばその兄貴分の位置づけとなるバイクでした。

TTというのは、TouristTorophyの意味で、マン島で開催されるオートバイレースに由来しています。

ホンダはこのレースに出場していて、このモデルはその栄冠を称えたメモリアルバイクともいえます。

エンジンは単気筒可変バルブのRFVCを搭載し、当時のシングルバイクとしては、驚異的な加速力で独特なパフォーマンスを発揮し、高い評価をされています。

1980年代当時、日本ではレーサーレプリカ全盛の時代。

バイクといえばカウル付きが当たり前で、ネイキットタイプ、ましてやシングルなどは、時代遅れのような存在でした。

そのため、GB400TTはそれほど販売を伸ばすことなく、短命なモデルとしてカタログから姿を消します。

それでも、ノスタルジックな外観でロケットカウル付きのGB400TTMKIIや、ツートーンカラーでエンブレムを纏った、特別仕様のGB400TTSpecialEditionなどのバリエーションが存在し、絶版市場では、希少な存在として人気があります。

また、排気量をアップしたGB500というモデルも存在、主に海外向けに生産されており、シングルシート仕様で味のあるモデルでした。

1990年代にはビンテージバイクブームが訪れ、カスタムしたYAMAHAのSRに対し、マニアックで希少性の高い絶版車のGB400TTはコアなファンから絶大な人気を誇りました。

発売から25年以上経過した現在でも、中古車市場では高い価格が維持されており、人気のほどがうかがえる車です。