LINK
ようやく仕かける時という場合では、何よりも下調べをサボってはいけません。相場に入る前ならば、場面を理性的に見ることができる余地があります。だがしかし、市場の内側へ飛び込んでしまうとどうしても受け取り方が主観的になる場合があり、状況によっては正しい判断が分からなくなる恐れが生じる。それだけに自分自身の頭が冷静な状況で準備する事が重要です。この”j事前準備”のためには、とにかくあなただけの物語を作成する事からスタートします。明日からのマーケットはこうなるだろうから米ドルを勝負するみたいに、筋書きを書いていきます。次に大切なのは相場をチェックしましょう。今までのマーケットの動きを調べて、今現在のチャートを確かめます。そうすると、「今のところひどく高い場面である」とか、そうでなければ「すでに大多数の取引しているから今から急に売り(または買い)しても遅いな」ということが判断できます。当たり前ですが今はもうしかけるのが手遅れだなと感じたら、何もせず、その場面ではすっぱりと吹っ切ることが肝心。あなたなりの脚本を引き下げないで、割り切らずに新規エントリーすると相場に押し返されて、反対に損害を受けることになりかねない。とは言ってもたいがいのケースで、準備が出来ているあなたなりの脚本を思い描いておけばエントリーが遅すぎるという状況にはならないだろう。大方、本格的に外国為替市場が動意づく前のはずだからです。更に、とりあえずはとろうとしている外貨の変動をしっかり把握する事が肝心。例としてドル高になるであろうという物語を描いたのであればドル円の上下動に注意を払っておきます。マーケットの動きを注目し始めた状態では、まだその外貨は大きく上げ下げする兆しを見せることなく上下に小幅な上下動を繰り返しているだけだろう。ところが、その動きをじっと気をつけているとあるところでじりじりと円安の方向へとマーケットが変動し始めます。この場面でやっとドルの新規注文を出すのだ。通常は、周到に用意をしておけば、その取引で勝利する確率は高まります。